ページの先頭

福井市の観光情報を発信「ふくいcityナビ」

お問い合わせ

モデルコース

モデルコース 半日プラン

photo

『橘曙覧』ゆかりの地めぐり【幕末明治】

≪歴史散策コース≫
所要時間:約1時間(徒歩の場合)+見学時間 +約1時間半(徒歩+バスの場合)+見学時間

幕末の歌人・国学者、橘曙覧のゆかりの地を巡るコース。

「歴naviふくい~橘曙覧~」
(公益財団法人 歴史のみえるまちづくり協会)

ウェルカムセンター(福井市観光案内所)

【徒歩】16分(約1.2km)

橘曙覧文学記念館

photo 橘曙覧は、明治時代に正岡子規が絶賛したことで、広く世に認められた幕末の歌人です。
橘曙覧記念文学館は、曙覧の旧家「黄金舎(こがねや)」跡に建てられています。
曙覧は21歳でこの愛宕(あたご)山(現、足羽山)の黄金舎に隠棲し、清貧の暮らしのなかから、生活・社会・自然を奔放に詠みつづけていました。
この文学館では、橘曙覧が住んでいた「藁屋」の一部を推定復原したコーナー、曙覧の書、作品、生涯・幕末の関連人物を紹介するコーナーなど、曙覧のさまざまな世界を知ることができます。

【徒歩】1分(約0.1km)

黄金舎跡

photo 1839年、家業を異母弟の宣に譲って隠棲した場所。
実家である正弦家の別宅で、曙覧はその居を黄金舎と称した。

【徒歩】5分(約0.2km)

継体天皇大世系石碑

photo 曙覧が、国学者田中大秀に入門していたとき、継体天皇の世系を広く世に知らしめたいと願っていた大秀に依頼され、学友らと奔走して1847年に建立を実現した。

【徒歩】6分(約0.3km)

三女健子の墓

photo 長女・次女を産まれてすぐに亡くした曙覧にとって、 最愛の娘であった三女健子は天然痘のため4歳で死去した。墓には曙覧の悲しみを表した碑文が彫られている。

【徒歩】4分(約0.3km)

橘曙覧生家跡

photo 曙覧の生家である文具商正玄家の跡。1812年5月に父五郎右衛門、母鶴子の長男 として生まれた。翌年には母と死別。

【徒歩】12分(約0.9km)

橘曙覧宅跡(藁屋(志濃夫廼舎)跡)

photo 曙覧が、37歳のとき、それまでの住まいであった黄金舎から住居を移し、57歳まで住居した場所。志濃夫廼舎は1865年に、福井藩主松平春嶽が藁屋を訪れた時に、直に賜った名前。

【徒歩】20分(約1.6km)

ウェルカムセンター(福井市観光案内所)

【京福バス 鮎川線・川西三国線】福井駅→大安寺門前(23分、400円)⇒【徒歩】20分(1.0km)

大安禅寺

photo 万治元年(1658)に第4代福井藩主・松平光通が、当時の高僧・大愚禅師に帰依して建てた歴史ある禅寺です。
数百点にもおよぶ文化財が保存され、一般公開もされています。
本堂裏には、福井の名石・笏谷石(しゃくだにいし)1360枚を敷き詰めた福井歴代藩主の永代廟所「千畳敷」があります。
また、境内の花しょうぶ園では6月に花しょうぶ祭が開催され、数十万株の花しょうぶを愛でることができます。

【徒歩】18分(1.0km)⇒【京福バス 鮎川線・川西三国線】福井駅→大安寺門前(20分、400円)

ウェルカムセンター(福井市観光案内所)

厳選モデルコース

観光モデルコース 半日プラン

pickup

『橘曙覧』ゆかりの地めぐり【幕末明治】

photo 幕末の歌人・国学者、橘曙覧のゆかりの地を巡るコース。「歴naviふくい~橘曙覧~...

観光モデルコース 1日プラン

pickup

福井”愛妻”物語

photo 福井は夫婦喧嘩1位。喧嘩するほど仲がいいというが、出生率は全国9位と仲良し夫婦が...

観光モデルコース 1泊2日プラン

pickup

海・山のんびりツアー♪♪

photo 女子にオススメ。ふくいの【海】【山】でのんび~り♪まった~り♪日頃の疲れが吹っ飛...

観光モデルコース 2泊3日プラン

pickup

ローカル線で行く小さな幸せと出会う旅

photo 幸福度ランキング第1位の福井県。小さな幸せ体験・景色・グルメなどのコンテンツを、...

このページのTOPへ


 

公益財団法人福井観光コンベンションビューロー

〒910-0006 福井市中央1-2-1 ハピリン3F TEL:0776-20-5151 FAX:0776-27-0700

福井市おもてなし観光推進課

〒910-8511 福井市大手3-10-1 TEL:0776-20-5346 FAX:0776-20-5670

「ふくいcityナビ」