ページの先頭

福井市の観光情報を発信「ふくいcityナビ」

お問い合わせ

観光スポット検索

旧塩町石碑

まちなか歴史・文化

photo

江戸時代の町名で、古くから塩問屋や塩商などの商人が集まったことに由来する。
このような職人町、商人町は城下町特有であるが明治7年に照手中町に編成されて消滅した。塩荷は材木などとともに足羽川の船着場(木町川戸)から荷揚げされたと思われる。
嘉永7年(1854)6月13日朝、塩町の鍛冶屋から出火し、福井城下の3分の2を焼く大火となった。これにより家屋2,264軒、足軽も含めた藩士の屋敷421軒、寺49軒を焼失し「塩町焼き」として語り継がれた。

お問い合わせ先
福井市照手1-5-5
電話番号
-
FAX
-
インフォメーション
-

このページのTOPへ


 

公益財団法人福井観光コンベンションビューロー

〒910-0006 福井市中央1-2-1 ハピリン3F TEL:0776-20-5151 FAX:0776-27-0700

福井市おもてなし観光推進課

〒910-8511 福井市大手3-10-1 TEL:0776-20-5346 FAX:0776-20-5670

「ふくいcityナビ」